忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
エドワード・ヤングの「夜の想い」についてのウィキペディアの自動翻訳だが、ロボット翻訳でもけっこう内容が分かる。この作品は同時代人であるゲーテが絶賛した(あるいは愛読した)ことで知られており、私は20代のころに古本屋の安価本の棚にあったのをブレイクの絵に惹かれて買ったが、内容は英語が難しく、ほとんど理解できなかった。ただ、ブレイクの挿絵だけは面白く感じた。
「夜の想い」あるいは「夜の思想」あるいは「夜の思想群」という題名は非常に好きで、確かに昼の思想と夜の思想は違うよなあ、と思ったものである。



The Complaint:または、Night-Thoughts on Life、Death、&Immortalityは 、単にNight-Thoughtsとして知られていますが、 エドワードヤングによる長い詩で 、1742年から1745年の間に9部(または「夜」)で公開されています

詩は空白の詩で書かれています それは、彼が妻と友人の喪失を熟考し、人間の弱さを嘆く一連の9つの「夜」にわたる死に関する詩人の黙想を説明しています。 詩の中で最もよく知られている行(「Night I」の最後)は、「原罪は時間の泥棒です」という格言です。これは、詩人が人生と機会がどれほど早く逃げることができるかを議論する一節の一部です。

Night-Thoughtsは出版後何年もの間非常に高い評価を得ていましたが、1797年にウィリアム・ブレイクによる一連の主要なイラストで最もよく知られています。1799年にトーマス・ストザードによってあまり知られていないイラストが作成されました。

9泊はそれぞれ独自の詩です。 それらは「生、死、不滅」( アーサー・オンスローに捧げられた)です。 「時間、死、友情」( スペンサーコンプトン専用); 「ナルシッサ」( マーガレットベンティンク専用); 「キリスト教の勝利」( フィリップ・ヨーク専用)。 「The Relapse」( ジョージリー専用)。 「The Infidel Reclaim'd」(2つのパート、「Glories and Riches」と「The Nature、Proof、and Importance of Immortality」。HenryPelhamに捧げられます)。 「美徳の謝罪;または、答えられた世界の男」(献身なし); そして「慰め」( トーマス・ペルハム・ホールズに捧げられた)。

ジェームス・ボズウェルは、 サミュエル・ジョンソンの生涯でナイト思考を 「人間の天才がこれまでに生み出した最も壮大で豊かな詩」と呼んだ。

















PR
単なるメモだが、一天皇の代に一度しかない大嘗祭というのは特別な儀式だ、ということが「枕草子」だったかに書いてあったが、現代の我々にはあまりピンと来ない。おそらく、今度の14日(木)がその日に当たることを知らない国民がほとんどだろう。まあ、それは天皇が現人神や国家の主権者ではなくなり、象徴的存在になったということで、民主主義の立場からは喜ばしいことかもしれない。だが、象徴は象徴として敬意を払うべき存在ではあるだろう。もちろん、誰からも振り返られないところで誠実に働き自分の周囲を助け社会貢献をしている人を尊敬するのと同様で、天皇は天皇としての不自由さに耐え、象徴としての仕事をしていることを感謝していいわけだ。






岩淵氏は確か献血ポスター批判をしていた人物だと思うが、あのポスターには男である私も不快感を覚えた一人である。だが、「ポスターは作品(芸術)ではない」という発言はひどい。
優れたポスターは有名画家の絵よりも多くの人々を感動させ記憶に残る。1964年の東京オリンピックのポスターは、オリンピックに関心などなく絵心も無い私にも、凄い画像だ、と思わせたものだ。ほかにも記憶に残るポスターは多いし、それは美術の成果の一部である。
なお、下ではミュシャの名前が挙げられているが、ここはポスターの絵を芸術として画壇に認めさせた(意図的にそうしたのではなく、偶然的にその契機となったのだが)ロートレックを挙げるべきだろう。もちろん、ミュシャの名を挙げたのはナチスの弾圧を岩淵氏と結びつける意図だとは分かる。だがミュシャの場合はポスター云々とは無関係に「退廃芸術」としてナチスから排斥されたと思うので、実は、九郎氏の論理は少し怪しい。
なお、岩淵氏は「ポスターは芸術ではない」ではなく「ポスターは作品ではない」と言っているが、そちらのほうが意味不明なので、記事タイトルでは「芸術ではない」と変えた。ポスターが「作品ではない」なら何なのか。動植物や霧や雲のように自然に生まれたのか。
いずれにしても、岩淵氏は筑摩書房から著書を出したほどの知性や知識や見識の持ち主とは思えない。(ただし、『ヴァチカンの正体』という署名には惹かれるものがある。確かに、ヴァチカンというのは得体の知れない組織である。)


朝から「ポスターは作品ではない」とかパワーワード流れて来て、しかもそれが芸術界隈の中枢が言っていて頭抱えてる
昔ポスターを描くミュシャを弾圧した政党があるんですよ…ナチスって言うんですが

















私も自作小説の中で何万人もの人が戦争で死ぬ話を書いたことはあるが、具体的描写はほぼ0である。絵ではなくたかが(イメージ喚起力の乏しい)文章とはいえ、残酷描写は書くほうが不快である。おそらく、戦争を起こす国家君主も、古代はともかく中世以降は、自分の目の前に死体の山を見る経験は無いだろう。つまり、彼らにとって死者は数字でしかない。抽象存在である。だからこそ戦争を起こせる、とも言える。




山本貴嗣 @atsuji_yamamoto 7時間前

まあ、何かの物語のついでに遠景のようにそういう悪党が出ることはあるかもですが、そんなのシリーズもので毎回描いてたらしにます;

このスレッドを表示
取り消す
  • 7時間前

    人様の作品でも折れるんであっても読みません。ごめんなさい。

    このスレッドを表示
    取り消す
  • 7時間前

    以前もつぶやきましたが、最後悪党を倒してカタルシスで終わるアクション漫画のバリエーションで、動物虐待してる悪党を倒す主人公ってできないかなって考えたことあって、冒頭で悪党が虐待してる動物描く段階で精神が折れるんで無理だってやめました。

    このスレッドを表示


観戦武官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

観戦武官(かんせんぶかん)とは、第三国の戦争を観戦するために派遣される武官

歴史[編集]

この制度の起源は明らかではないが、傭兵ではない、国家による軍隊が必要であること、士官学校国際法などの制度の成立が不可欠であることから、およそ19世紀半ばごろに確立されたものと思われる。

日本では、1870年に普仏戦争大山巌が観戦している。また、1898年の米西戦争では秋山真之海軍大尉(後に中将。海軍戦術、『坂の上の雲』で有名)・柴五郎陸軍少佐(後の大将。義和団の乱では北京籠城戦を戦い抜く)が観戦武官として派遣された。

日露戦争の際には日露両国に対して欧米諸国から多数の観戦武官派遣の申し入れがあり、日本はイギリスアメリカ合衆国ドイツ帝国オーストリア=ハンガリー帝国スペインイタリアスイスノルウェー及びスウェーデンスウェーデン=ノルウェー連合解消の時期と重なる)、ブラジルチリアルゼンチンオスマン帝国といった13の国々から70人以上の武官を迎えたと記録されている(en:Military attachés and observers in the Russo-Japanese War 参照)。その内、先に日英同盟を結んだイギリスからの派遣が最多の33人となっている[1][2]。特にイギリスのイアン・ハミルトン英語版陸軍中将(後の第一次世界大戦ガリポリの戦い地中海遠征軍英語版を指揮)、ウィリアム・ペケナム英語版海軍大佐(後に大将。朝日に乗艦しての報告はジョン・アーバスノット・フィッシャー提督の目に留まり、ドレッドノートの設計に取り入れられた)、アメリカのアーサー・マッカーサー・ジュニア陸軍少将(後に中将。マッカーサーGHQ最高司令官の父)、ドイツのマックス・ホフマン陸軍大尉(第一次世界大戦では第8軍の参謀としてタンネンベルクの戦いを勝利に導く)など後の歴史に影響を与えた軍人も多かった。

第一次世界大戦では、イギリスの巡洋戦艦クイーン・メリーに乗艦して観戦していた下村忠助海軍中佐がユトランド沖海戦で戦死している。

観戦武官制度は、第一次大戦後、自動車・航空機などの輸送手段の発達によって戦域が拡大し、1人の士官が戦闘を見ることが不可能になったため、自然に消滅した。

















<<< 前のページ 次のページ >>>
プロフィール
HN:
冬山想南
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.