忍者ブログ
前に書いた「心の死刑宣告」(別ブログに転載した時は「夏の終わり」と改題した。)の翻訳というか、二次創作作業がなかなか面白かったので、ヘミングウェイの他の作品で訳しやすそうなのを探して(と言うか、私の英語力で内容の見当が付くものを見つけて)訳してみようかと思い、原書(ヘミングウェイの短編だけを一冊にまとめた、分厚い、ある意味では貴重なペーパーバックだ。)をめくってみて「A DAY'S WAIT」というのが手ごろかな、と思った。日本語訳も当然出ていると思うが、私は高校生くらいに彼の短編集を2、3冊読んだだけなので記憶に無い。ちなみに、その時に一番印象に残ったのは「フランシス・マコーマーの短く幸福な生涯」だった。
「A DAY'S WAIT」をどう訳せばいいのか分からないが、直訳すれば「一日の待機」だろうか。先にオチを書いてしまうのも何だが、これもある意味、「死刑宣告」の話であるが、周囲の誰にもそれが見えないという点では「THE SEA CHANGE」と共通性があるようだ。ヘミングウェイの中には常に、そういうオブセッション(強迫観念)があり、それが彼の創作や行動の原動力だったのかもしれない。もちろん、それが最後には彼を自殺に向かわせたわけだ。
ちなみに、私が「THE SEA CHANGE」を「心の死刑宣告」というタイトルにしたのは、我々は時々、心の中で周囲の人間への「死刑宣告」を行っているからである。その後も同じ人間と前と同じように付き合いはするが、それは前と同じ心での付き合いではない。相手は、自分の中ではもはや死んだ人間なのである。
前書きが長くなったので「A DAY'S WAIT」の訳は次回(たぶん、今日か明日)に書くことにする。
PR
「剣と鏡」「月の光のセレナーデ」は、思いつきなどはここで書くが、作品そのものは別の手段(たぶん、私的な保存庫)に書いていくことになると思う。まあ、書かないかもしれない。
基本的にこの「四月の雨」は着想保存庫にする予定である。
ブログを利用して作品を書くのは、「自分で締め切りを作って自分の尻を叩く」ためには有益(「踊るドワーフ」の翻訳などはそうして書いた。)だが、作品そのものが事故(突然の強制的ブログ閉鎖処置やネットへの接続不能など)で一気に失われる危険性も高いのだ。まあ、電子情報というのは常にそういう運命の下にあるのだが。
「ニノチカ」は、フラッシュメモリーに入っていたのが前回の部分までなので、その先を読んでみたいと思う人は、私の別ブログで、今はずっと中断して私自身書き込み不能になっている「徽宗皇帝の娯楽的語学ブログ」を見て頂きたい。(ググればすぐに探せるだろう。ただし、「徽宗皇帝のブログ」というのも私のブログだが、そちらは政治ブログ的な記事が大半。)「ニノチカ」以外にも、「女か虎か」や、「私の銀行勘定」など、日本ではあまり目にすることのできない面白い作品の翻訳や古い洋楽ポップスの訳詞なども載っていて、時間つぶしになるブログだと思う。「語学ブログ」というのは、単に元ネタの大半が英語作品だからにすぎず、真面目な語学ブログではない。
「Wild Magic」は作者への興味を失ったので、翻訳作業は中止します。
詳しく言うと、同じ作者の「女騎士アランナ」シリーズの日本語訳を読んで、この作者が大嫌いになった次第。女作者の書くヒロイックファンタジーは、男の読者には読むのが耐え難い。
騎士道物語は、原則としてプラトニックラブでないといけないのである。
まあ、茅田砂湖、栗本薫くらいが、ぎりぎり限度か。恋愛や性的要素が無いわけではないが、あくまでヒロイックファンタジーの許す範囲内、という節度が彼女たちの作品にはある。つまり、本気でヒロイックファンタジーが好きだから、書いていいことといけないことの区別が感覚的に分かっているのだろう。タモラ・ピアースは「女騎士アランナ」シリーズを最初、大人向けに書いたものを子供向けに直したようだ。その結果、セックスの要素が消されないまま残され、そこに妙なフェミニズム思考まで入り込んだもので、どうにも生臭い話になっている。
男(男の子)が読みたいのは「三国志」や「水滸伝」や「西遊記」であり、ロビン・フッドやアーサー王宮廷の騎士物語なのである。騎士は女といちゃいちゃするのではなく、甲冑に身を包んで敵と戦うから騎士の意味があるのだ。
というわけで、この先、気が変わらなければ、「ワイルド・マジック」の翻訳は終わり。
このブログは、「断片的文書保管所」兼、日々の夢想と妄想の記録置き場とします。
断片的な思考などのメモの場所として、このブログを作っておいた。誰でも閲覧可能です。
いつ終わるかわからないブログです。まあ、四月の雨のようにひっそりと。
プロフィール
HN:
冬山想南
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.